水の単価で選ぶ

品質の良い安心できるウォーターサーバーを口コミ情報を元に紹介!!

水の単価で選ぶ


水の単価で選ぶ。
ウォーターサーバーを選ぶ基準の1つに、ミネラルウォーターの単価で選ぶというのがあります。
ミネラルウォーターといっても、様々な種類があります。
富士の水からハワイの水など様々なものがあります。
非加熱の天然水をそのまま使うものから、逆浸透膜(RO膜)を利用したものなど様々です。
逆浸透膜を使用しているものが安く、非加熱の天然水を使用する方が高いというのが現状です。
ミネラルウォーターの単価は、高いもので2730円のものがあります。
こちらは、ハワイの天然水を輸入しているものなので、値段が高いのは仕方がないといえます。
また、ミネラルウォーターの入っているボトルの量も18.9リットルと多めになっています。
安い値段ですと12リットルで、995円のものが最安値となっています。
平均的な価格ですと1500円程度が、ミネラルウォーターの平均的な価格となっています。
水の量は、ほとんどが12リットルとなっています。
逆浸透膜を使用した水は、人為的に作りだされたミネラルウォーターなのでミネラル等が添加されていますので、天然水よりも健康にはいいでしょう。

ウォーターサーバーの料金。
ウォーターサーバーの料金は少し前までは、ウォーターサーバーを購入しなければいけませんでしたので高額でした。
しかし、現状ではウォーターサーバーのほとんどがレンタル品なので、以前よりも高額ではなく、安い値段で使用することができます。
レンタル料がかかるメーカーもありますが、ほとんどがレンタル料は無料となっています。
レンタル料が有料の場合は500円から1000円程度かかります。
レンタル料が有料の場合は、年に一度おこなうメンテナンス費用が、無料となっています。
中にはレンタル料が有料でもメンテナンス費用が無料のメーカーもありますので、この辺はメーカーごとのサービスの違いがあると思います。
ミネラルウォーターの価格が高く、ウォーターサーバーのレンタル料金の方が安価で提供されているというのが、実状のようです。

天然水のウォーターサーバーNo.1 コスモサーバー